畑に行ってミール☆第二弾〜イベントレポート

昨年12月2日(日)に畑に行ってミールの第二弾「芋煮会で東北の食文化とつながってミール」を行いました。

芋煮会は主に山形や会津地方の親睦行事。東北の地酒や、会津の手作り田舎味噌を用意し「みんなで東北の食文化に触れてみよう」という趣旨のもと、寒い中25名の方にご参加いただきました。

夏にとうもろこしの収穫イベントをした、東久留米の農家・篠宮さんの畑で、今回は里芋の収穫体験をして、その採れたての里芋で大芋煮大会!みんなで里芋の皮をむいたり火を起こしたりと、協力し合って作った芋煮の味は格別!採れたての里芋は、ねっとりとした食感で味も濃く、会津の味噌とも良く合いました。




その他にも、篠宮さんの畑で採れた大根やかぶ、ほうれん草などを、素材を活かしたアレンジでみんなで試食!特に、大根は「紅芯大根」「紅しぐれ」「ビタミン大根」といった珍しい品種ばかり。篠宮さんの手でひとつひとつ丁寧に作られたことが伝わってくるような、甘くて瑞々しいものでした。



前回の畑にいってミールにも参加してくれた方がリピート参加してくれたり、初めて参加の方でも、普段から食に気をつけいている、最近興味を持っている、という方が多く、自然と野菜や食の話題で盛り上がっていました。また、今回は、大泉学園で乳牛を育てている小泉さん、野菜ソムリエの資格を持つモデル・菅野広恵さんも参加。とても良い雰囲気の中、有意義な時間となりました。

つながってmealのイベントは、昨年4回。毎回新しい出会いや参加者同士の交流があり、そこからまた新しい知識やアイデアが生まれていく、そんな感じがしてきました。 今年も、よりみなさんに楽しんで参加してもらえるようなイベントや情報発信で、どんどん人と人、人と食の「つながり」を拡げていきたいと思います。



文責:若月 香


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

つながってミールって?

たべるとつくるをつなぐことでホンモノを知り、食と農への関心を深め、行動へとつなぎ、食文化を育んでいくことを目指した、活動です。
食農プロジェクトは、食や農業、そしてソーシャルイノベーションに関心がある社会人・学生の有志が集まって運営しています。

最新記事

コメント

  • ろっぽんぎでつながってミール ――イベントレポート
    つながってミール
  • ろっぽんぎでつながってミール ――イベントレポート
    スイート

アーカイブ

search this site.