食の感性を広げてmeal 〜イベントレポート


つながってmealの学生チームである栄養士の卵が考えた、意外な料理の試食や、今まで食べたことのない食べ合わせへの挑戦を通じて、食の感性を広げるトーク&試食イベント。
まずは、ダイジェスト映像をどうぞ。



まずは趣旨説明がスタッフからありました。
栄養士と言えば、ご飯が美味しくないというイメージがありますが、それは献立作成をする際に、制約があるからだったのです。今回は、そのイメージの限界を超えて「意外な食べ合わせ」を楽しんでもらおう!と企画しました。

趣旨説明

早速、1品目が提供されました。
「カブの生ハム包み」です。
生ハム包と言えば、メロンが定番ですが、カブの甘みと食感がひきたつ感じがありました。
つけ合わせとして、生のホウレン草も。
カブもホウレン草も、東久留米の篠宮農園の採れたて野菜です。

カブの生ハム包みカブの生ハム包み

続いて、2品目は「ヘルシーミートソースのペンネ」。
こちらは、普通はひき肉を使うところを、2:1で、お肉の代わりにおからを使うというものです。
食物繊維が摂れるだけでなく、かさ増しにもなる大家族には嬉しい工夫となっていました。

ヘルシーミートソースヘルシーヘルシーミートソース

お食事の間に、つながってmealの紹介です。
今回のお野菜を提供していただいた、篠宮仁さん、篠宮誠さんを始め、相談にのってくださった高田大雅シェフや、フードプロデューサーの平井巧さん、ひなたファームの山田絢子さん、などなど、新しいつながりのきっかけにとご紹介。

紹介

続いて、意外な食べあわせに挑戦ということで、食べあわせてmealがスタート。
・牛乳☓麦茶☓砂糖=コーヒ牛乳
・メロンパン☓マヨネーズ=明太子風味
・バニラアイス☓醤油=みたらし風味
などにチャレンジ。
クイズ形式で進めましたが、「分かる分かる!」「ちょっと微妙…」など、わいわいと盛り上がりました。

クイズクイズ

メインのお料理は、「鮭のムニエル〜梅昆布タルタルソース添え〜」です。
タルタルソースと言えば、お酢を入れるのが普通ですが、その代わりに梅昆布茶を使用。程よい酸味と香ばしさが鮭にマッチしました。

鮭のタルタル

最後にデザートとして「和風プリン〜黒蜜・きなこがけ〜」で締めました。
これは、黒蜜・きなこだけじゃなくて、ミソを入れていることがポイントで、甘すぎずスッキリとした仕上がりになりました。

学生チーム主催は初!ということで、その奮闘ぶりは、別途活動記録をご覧いただくとして、その頑張りもあってか、来場してくださったみなさんも「美味しかった!」「組み合わせが面白かった」などなど、満足していただけたようでよかったです!

集合写真

最後に、それぞれのお料理の作り方ムービーとレシピを紹介したいと思います。

・カブの生ハム包み


・ヘルシーミートソースのペンネ


・鮭のムニエル〜梅昆布タルタルソース添え〜


・和風プリン〜黒蜜・きなこがけ〜



・最後にレシピをどうぞ。ぜひ、ご家庭でつくってミール!!



文責:松澤巧

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

つながってミールって?

たべるとつくるをつなぐことでホンモノを知り、食と農への関心を深め、行動へとつなぎ、食文化を育んでいくことを目指した、活動です。
食農プロジェクトは、食や農業、そしてソーシャルイノベーションに関心がある社会人・学生の有志が集まって運営しています。

最新記事

コメント

  • ろっぽんぎでつながってミール ――イベントレポート
    つながってミール
  • ろっぽんぎでつながってミール ――イベントレポート
    スイート

アーカイブ

search this site.