「良い食事を日常に」 学生スタッフ体験レポート

goodtable

今回はなんと学生達によるコラボイベント(^O^)
・つながってmeal所属の栄養士を目指す学生チーム
・メディアについて学んでいるI-MAGEのみなさん
・日本農業経営大学校で農業経営について学んでいる学生チーム
この3チームを中心に企画!

全く違う視点を持つ学生達が集まれば、
今までとは違った視野で物事を見れて、
新しい発見が待ってるのでは!?楽しそう!!!!と心を躍らせた…

これからお話するのは、
そんな学生によるコラボイベントの準備から当日までの活動記録…
まずは準備!\(◎o◎)/

楽しそうだからと集まったみんな。
あの時は、正直なところ何をするのかよくわかっていなかったのが本音…
みんなで集まって、「初めまして」から始まったコラボ企画。
これからどうなるのだろうと不安になりました。

自己紹介を終えて、
「とりあえず、今、食のことで関心もってること何かある?」

ここからはざっくばらんにおしゃべりタイム。

「お魚美味しいよねー!」
「和食いいよね!」
「栗焼酎って知ってる!?」

わぁ…楽しい…

と話しているうちに、時間が刻々と迫り、次回へ持ち越し。宿題付きで。

せっかくのコラボイベントだ!今まで誰もやってないようなことがしたいね!
ということになり、まずはすでに行われた食に関する取り組みを調べることに…
とにかく調べる…調べる……調べる………

集まった事例を全員で共有して、話し合い!
事例ごとに解決している問題や何を目標にやっているのかをマッピング。

そして見えてきたのがこれ。

「みんなが良いと思う食事を継続的に行えるような企画をみんなで考えるのは?」

これだ!!!これがテーマだ!!
そして決まったテーマが

「良い食事を日常に〜食と農の未来の話をするワークショップ〜」

さてさてあとは必要な書類や資材の準備だ!!


\ついにやってきた!当日!!(^○^)/

準備期間は本当に長かった。何時間話し合ったのだろう…
最初はみんな緊張していたのに、すっかり“仲間”って感じに。

当日は、参加者約30名!

みんなで名札をつけて、
採れたて野菜で作った軽食を食べながら、
レッツスタート!

goodtable


4〜5人のグループを6チーム作って
模造紙に絵を描きながらおしゃべりしました。

質問は、
「昨日の夜は誰とどんな食卓を囲んで何を食べましたか?」
「あなたにとって理想な食事はなんですか?」
「生産者ってどんな人がいるのだろう?また、生産者に対するイメージはなんだろうか?」
「生産者と生活者が関われていないとすると、それはどうしてなんだろうか?」
という4つの質問

いろんな意見が飛び交いました!
私も口が止まらなかったです!!あと笑い声も(笑)

1つのテーマの話し合いが終わると、
グループの中で1人が主人となり、その他の人は旅人。
旅人は他のテーブルへと移ります。

そして新しくやってきた旅人達に主人は話し合ったことを伝えます。
こうすることでさらに多くの人の意見を聞ける…
素晴らしい!!と思いました(笑)

goodtable


\企画、そして発表!!/

おしゃべりセッション後、
最初の席に戻ります。ここからが難しい。

グループワークセッションのはじまりです。
良い食事を日常にするためには、どんなことができるのかを話し合いました。
発表時間は3〜4分で模造紙にまとめ、企画を提案し合いました!

では、簡単にみなさんが考えた企画をご紹介します。

トップバッター!勢いよく手を挙げた最初のチーム!SO COOL!!

企画名は:食育カレンダー

日めくりカレンダーで表には「魚の日」や「端午の節句」などとテーマが書いてあり、
裏にはレシピや食育に関する情報などを載せるというもの!
明日からにもできて、家族で食育ができるという良い点も!

goodtable


さて続いてのチーム!

企画名は:かざしてmeal

野菜などの食材にQRコードが記載されていて、
それを読み込むと、生産者のストーリーが見えてくるというもの!
さらに、掲示板も用意されており、
そこでは、買った人たちの感想やレシピなどが載っている!
これによって生産者と消費者、そして消費者同士がつながることができるというもの!!

goodtable


次は、

企画名:#わたしのごはん。

女性に好まれそうな可愛いネーミング!
Facebookにページを作成し、生産者の方にも参加してもらう。
食べたものの写真をタグ付けで載せてもらい、
興味を持った人たちがタグからFacebookの専用ページへとぶ…
そこには生産者さんのストーリーなどが書かれている!
そうすることで食にあまり興味がなかった人にもアピールができるというアイディア!

goodtable


続いて、

企画名:「作る」と「食べる」の双方向!!〜食農シェアハウス〜

なんと!もう食育のシェアハウスを建ててしまおうという案!
1階は採れたて野菜を使ったレストラン
2階には食に関する漫画がたくさんある漫画喫茶
3階にキッチン、4階に住居、そして屋上には菜園つき!
食に興味のある人達が集まってシェアハウスをする!
出来なさそうに見えて、お金という問題さえ解決すれば実現度が高い提案!!

goodtable


次は、

企画名:意識して食べるごはん「5.15.25は幸せごはんの日」

みなさんにとって幸せだと感じるご飯はなんですか?
人それぞれだと思います!!という話から入って、
確かにそうだと頷く聴衆側。
みんなそれぞれが思う幸せだと感じるご飯を日にちを決めて、
楽しんでいただこうという提案!!とってもハッピーな提案!
私は5のつく日にかならず美味しい野菜と美味しい魚と美味しいお酒と…(笑)

goodtable


そして最後の発表!

企画名:カテゴリーを越えた関係に!

生産者と生活者が直接つながっているのが良い食事なのではないだろうかと考え、
生産者側は食べる人のことをもっと想像し、畑に受け入れ、直接販売を…
生活者側は農を守る意識をもっと高め、農業体験をし、直接購入を…
そしていつかは、生活者は直接生産者と取り引きを行い、
野菜を作る前にお金を払って、できた野菜をいただくというスタイルになればいいなという願いを込めました…

goodtable


以上!代表して私が話させていただきました!


それぞれ違った意見、違った案が飛びあい、
笑い声もあちこちから溢れてきて、
とてもいい場になりました。

今回このような企画に携わることができて、
とても大変でしたが、多くの事を学ぶことができたと感じています。
これからも日本の農家さんが愛され、日本の野菜が愛され、
そして私たちも更に日本を愛することができたらいいなと考えています。

参加してくださったみなさんは如何だったでしょうか。
楽しんでいただけたでしょうか。
色々感じて頂けていたら、とても嬉しく思います。
力不足だったところや、ご迷惑をかけた部分もあるかもしれません。
スタッフみんなで話し合って、次に活かしたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願い致します!!!


また、コラボイベントしたいなぁ…
と一言残して、ここらへんで終わりにします(笑)

またいつか開催されることを願って!!!!

--
文責:パーカー有沙

goodtable

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

つながってミールって?

たべるとつくるをつなぐことでホンモノを知り、食と農への関心を深め、行動へとつなぎ、食文化を育んでいくことを目指した、活動です。
食農プロジェクトは、食や農業、そしてソーシャルイノベーションに関心がある社会人・学生の有志が集まって運営しています。

最新記事

コメント

  • ろっぽんぎでつながってミール ――イベントレポート
    つながってミール
  • ろっぽんぎでつながってミール ――イベントレポート
    スイート

アーカイブ

search this site.